ダイエット

【糖質制限】ダイエット中だって麺類が食べたい!そんなあなたに低糖質な禅パスタはいかが?

投稿日: 更新日:

元来日本人は和食中心の食生活でしたが、最近は多種多様な麺類が登場してきましたよね。筆者は無類の麺好きであり、うどんや蕎麦を始め、パスタやラーメン、そうめん冷や麦などなど、季節を通して様々な麺類を口にしています。食べることが大好きな方なら一度は考えたことがあるであろうダイエット。最近炭水化物抜き、いわゆる糖質制限ダイエットが巷で話題ですが、実は麺類はこのダイエットの大敵なのです。主に小麦粉が原料になることが多い麺類は炭水化物の塊である為、糖質制限ダイエットではタブーなのです。糖質制限ダイエットについては別ページで詳しく解説します。

 

スポンサーリンク

禅パスタ(ZEN PASTA)とは?

実は禅パスタとは、イタリアで人気の乾燥白滝のことなのです。パスタに触感が似ており、低カロリーであるため、イタリアで大人気なのです。白滝といえば、こんにゃくなので低カロリーですよね。糖質制限ダイエットでタブーとされる麺類を禅パスタとはに置き換えるだけで、好きな麺類を食べることが出来るのであれば、ストレスを感じることなく食事を楽しめますよね。

禅パスタじゃなくて通常の白滝では美味しくないの?

前述で禅パスタが乾燥白滝であることを説明しましたが、では通常の白滝と乾燥白滝である禅パスタの違いを説明します。

禅パスタの実物を見て頂くのが一番わかりやすいかと思います。

従者ヨシコ芸能ブログより引用

調理前の禅パスタはこのような状態になっています。熱湯で10分程度茹でた後にサッと水洗いをしてお好みのスープやソースと絡めます。

禅パスタは白滝ではあるのですが、スーパーで販売されている白滝とは違い、表面がなめらかではなく若干凸凹としています。この表面にソースがとてもよく絡むので、麺類の代替には白滝ではなく禅パスタがおすすめなのです。白滝だと表面がなめらかでつるつるしており、味が絡まないのです。

禅パスタの美味しい食べ方は?

この禅パスタ、なんにでも使えます。筆者のおすすめは、ラーメンの麺として食べること。ちぢれ麵に一番近い食感なので、ラーメンのスープと合わせて食べるとびっくりするくらい違和感がありません。最近はうどんややきそば麺を販売しているそばにラーメンの麺やスープ、具材が全て別々で販売されているため、お好みのスープの糖質量を確認して、禅パスタの糖質を足した合計が一食分の糖質量になるので、計算して頂ければ通常のラーメンの麺で食べるのと比べてどれだけ糖質オフになっているのか解っていただけるかと思います。記事の終わりに参考までにリンクを貼っておきますが、筆者が取り寄せている禅パスタは一人前で固まりを2つほど使用しますが、一つあたり糖質約10g程度なので、禅パスタの糖質が固まり2つ分で20g+スープの糖質の合計が一食分の禅パスタラーメンとなります。通常の中華麺一玉の糖質量が約70g、パスタが55g程度なので、糖質は約3分の1以下になりますね。通常白滝を使用する鍋に禅パスタを入れて召し上がることもおすすめです。

 

まとめ

糖質制限ダイエット、有名人にも成功している人がおり、効果はあるのだろうけれど、食事制限と考えると気が進まない方もいるかと思います。麺類好きな筆者もその一人でした。筆者は味噌やとんこつラーメン、某チェーン店のちゃんぽんが大好きでした。この禅パスタに出会い、罪悪感を感じることなく美味しく麺類を楽しんでいます。主食である米やパンを控えることは少なからずストレスになるかと思います。こういった低糖質素材をうまく生活に取り入れて楽しく美味しく、綺麗にダイエットに励みましょう。

記事下

スポンサーリンク

記事下

スポンサーリンク

-ダイエット

Copyright© たまろぐ , 2021 All Rights Reserved.