家電

電動歯ブラシ、パナソニック、最新のドルツEW-DP51を買ってみた!

投稿日:

撮影者:たま

毎日の歯磨き。ずっと普通の歯ブラシで歯を磨いてました。

電気屋さんに行ってなんとなく目に付いたのが電動歯ブラシでした。

最初は興味がなく、こんな高い金額出すなら普通の歯ブラシでいいじゃんと思ってましたよ・・。

実物を見ているといろいろな機能があって、もしかしたら良い物なのかもと思ってきました。

そこでいろいろ買う前に調べたので、最新のドルツについてまとめてみたので参考にして下さい。

調べた結果、2日後にはドルツ買ってました(笑)

スポンサーリンク

ドルツEW-DP51、購入の決め手となったこと

ヨコとタタキ振動の「W音波振動」で歯垢除去力が大幅アップ

今回から搭載された目玉機能で、買うきっかけになった機能の一つです。

従来のドルツは歯ブラシの振動幅が小さかったため、他の電動歯ブラシに比べ歯磨きの効率が悪かったという欠点がありました。

EW-DP51はその欠点を「W音波振動」で改善できています。他の電動歯ブラシに負けないくらいの歯磨きの効率がよくなっています。

「W音波振動」とは?

ドルツの動きをパワーアップさせた「W音波振動」とは、2つのモータがヨコ振動とタタキ振動を可能にして歯垢除去力を大幅アップさせたのです。

手磨きでは再現できない毎分31,000ブラシストロークで歯周ポケットの歯垢をかき出して、毎分約12,000ブラシストロークで歯間部の歯垢を除去するのです。

たまお
手磨きで再現しようとすると一週間くらい筋肉痛になるかも・・(笑)
人の限界を超えないと無理じゃな
博士

日本人に合わせて作られたサイズ

撮影者:たま

海外のメーカーの電動歯ブラシは性能はいいのですが、ヘッドが大きすぎたりすることもあります。

いくら性能が高いものであってもヘッドが大きすぎると、歯磨き効率が悪くなったり、ちゃんと歯に当たってなかったりで歯垢がちゃんと落ちてなかったりすることもあると思います。

ドルツは日本メーカー「パナソニック」が作っていますので、ヘッドは日本人の口内環境に合わせて作られています。

これはかなり購入意欲にプラスになりました。たしかに歯に当たってないと歯垢は落とせないですからね。

本体もかなり軽く持ちやすい大きさになっています。

替えブラシのコストが安い

毎日使うものなのでブラシが消耗してきます。だいたい替える目安は3ヶ月くらい。

ブラシの毛が開いてきたら替え時のサインです。メーカーによって替えブラシの値段はさまざまなんです。

ブラウンオーラルBは1本あたり約600円、フィリップスのソニッケアーは1本あたりなんと約1300円。

3ヶ月に一回でも使っている内はランニング費用としてかかっちゃいます。

パナソニックのドルツは1本あたり約140円です。

ずっと使っていくから、そりゃ安いほうがいいですよ。これもかなりの購入の決め手となりました。

まとめ

購入のきっかけになったことをまとめてみました。

電動歯ブラシでもいろいろな種類があり、どれを買おうか悩む時もあると思います。私もいろいろな情報を調べてかなり悩みました。

ぜひ参考にしていただければと思います。

読んでくださり、ありがとうございました。

 

記事下

スポンサーリンク

記事下

スポンサーリンク

-家電

Copyright© たまろぐ , 2021 All Rights Reserved.